三叉神経痛

何故顔が鋭い痛みが生じるのか

三叉神経痛は顔の鋭い痛みが生じる疾患です。顔の片側のある部分が電気が走るように痛み、酷いときは食事をする事もできません。痛みは常時あるわけではなく、食事、歯磨き、洗顔、髭剃り、会話などで誘発されます。神経が刺激されるような、ビリっとすると表現される電撃痛ですが、数秒、数分後には嘘のように消えることもあります。初期には、部分的に鈍痛を感じる程度ですが、進行するにしたがって堪え難い激痛が走るようになり、日常生活に大きな苦痛を伴います。

三叉神経痛の原因

原因はまだ不明とされていることが多いですが、さまざまな言い方もあります。脳幹部に発生した腫瘍、脳動脈瘤によって神経が圧迫されていることがありますし、多発性硬化症の症状であったり、帯状疱疹の後遺症のこともあると言われています。最近は脳幹から出た神経が周囲の血管に圧迫されるために痛みが起るとする考え方もあります。 もう少し詳しく説明しますと、この三叉神経の根部分は中枢性ミエリン(神経を包んでいる鞘のようなもので髄鞘ともよばれます)から末梢性ミエリンへの移行部で、最も弱い部分です。この部分が各種動脈による圧迫により分節的脱髄(神経を包んでいる鞘が痛んでしまうこと)により人工的に異常な神経結合がおこり、過敏になった神経が反応して神経痛が起こると考えられています。

三叉神経とはどんな神経なのか?

三叉神経は脳神経のなかで最も大きな神経です。その名の通り、眼神経、上顎神経、下顎神経の三つの知覚神経に分かれています。なお、中に下顎神経は運動神経も入っています
a:眼神経
眼神経は眼窩を通り抜けて前方へ走り、眼球、結膜、上眼瞼、涙腺神経、前頭部、鼻背の皮膚、鼻腔前部、などの感覚性に支配します。
b:上顎神経
上顎神経は翼口蓋窩へ入り、上顎の歯、頬の皮膚、上顎洞、口蓋と上唇の粘膜、、頬粘膜、眼窩下神経などを感覚性に支配します。
c:下顎神経
下顎神経は三叉神経の中で最も大きな枝で、卵円孔を貫き、側頭下窩に現れ、側頭部の皮膚、頬後部の皮膚、下歯、歯肉、下の前三分の二、下唇の粘膜など感覚性に支配します。咀嚼筋などを支配する運動性を線維も含みます。

三叉神経痛に主な治療法

(1)内服薬
三叉神経痛の内服薬は抗てんかん薬の一つのテグレトールを最も使われています。通常一時的に痛みが消失し、残念なことに時の経過と共に徐々に効果が減少し、また薬の副作用とも言えるふらつき、眠気、脱力感などが強くなり、最終的にはこれだけで三叉神経痛の消失を得ることが出来無くなることが一般的です。
(2)神経ブロック
神経ブロックによる三叉神経痛治療というのは、一時的に神経を麻痺させる薬を麻酔科的な手技を用いて痛んでいる神経に注入したり、特殊な薬液や熱凝固システムを用いて一部を半永久的に遮断したりする方法です。しかし、半永久遮断法にもいくつかの問題があり、またその遮断が原因となって、あらたな難治性の顔面痛を生じたりすることがあります。
(3)手術による治療
三叉神経痛の原因となっている脳血管の三叉神経への圧迫を手術によって取り除く(神経血管減圧術)方法です。神経血管減圧術について、神経痛の原因となっている脳深部血管の神経への圧迫を手術によって取り除く(神経血管減圧術)という方法です。
(4)定位放射線治療
定位放射線治療は、脳の外の多くの方向から放射線を照射して脳の深部の一点に強い放射線をあてる治療です。ガンマナイフ、サイバーナイフなどがこれに相当します。三叉神経に強い放射線をあてると痛みが軽くなる場合があることがわかっています。なぜ痛みがよくなるのか、詳しくはわかっていません。

三叉神経痛の現状

本人にしかわからないその痛さが激烈であるにもかかわらず、まだ世間での認知度はそれほど高くないですが、実際に三叉神経痛の患者さんは多いです。病院では通常は内服薬を処方し、それでも治まらない場合は神経ブロックを受けることになります。最近では比較的効果があるとされるガンマナイフによる手術もあります。

鍼灸施術について

当院は三叉神経痛の鍼灸施術を行っています。様々な治療法を受けても症状が変わらない方、体調などの原因で三叉神経痛の手術が出来ない場合や薬物治療の副作用が強くでる方に、鍼灸治療も選択肢の一つとしてオススメします。鍼灸施術は痛みがある部位のツボや反応点、また痛みと関連する経絡などを中心に行っております。慢性の痛みに対してはお灸も施術します。

三叉神経痛の鍼灸症例より病院で神経ブロックを繰り返した方や長期間大量のテグレトールを服用していた方が鍼灸治療の効果がでにくいことがあります。鍼灸は痛み・しびれなどの症状がエスカレートさせないことや、内服薬のように疲労感、ふらつきなどの副作用が出る心配もなく、身体に余計な負担をかけることもありませんので、発症期間が短い、服用する薬の量も少ない方はお気軽くご相談ください。

 

東洋医学の考え

東洋医学では身体の痛みを「痺証」と呼びます。痺とは、「詰まって通じない」という意味で、気や血の流れが停滞した状態を指します。詰まって通じない部位が痛みとなって現れるのです。したがって、痛みの関連するツボと経絡(けいらく)に鍼とお灸をすることによって詰まっている気・血の流れが良くなり、改善に繋がるとされています。

もう悩まなくて大丈夫です!当院独自の施術で、その悩みから解放します。

くうてい鍼灸・整骨院では新型コロナウィルス感染症対策を行っています

万全のコロナ対策

▼くうてい鍼灸・整骨院ではコロナウィルス感染症対策を徹底しています

玄関にアルコール消毒を設置していますので、入室・退室の際は必ずご利用ください。

施術に関しても、個室にてお一人ずつの施術になりますので、複数の方と接触・密になる事はありませんので、少なからずご安心頂ければと思います。

コロナウイルス対策…〇手指消毒の徹底、マスク着用、室内換気

〇院内備品消毒(ソファ、脱衣カゴ、スリッパなど)

〇使い捨てべッドシーツ、使い捨てフェイスタオル

〇定期的なトイレ消毒

体温が37.5℃以上ある方、倦怠感や息苦しさなどの体調不良がある方、コロナウイルス感染者と濃厚接触があった方は施術をお控えください。

当院は新型コロナウィルス感染症対策のため、オゾン機器を導入しております。(脱臭・除菌)ウイルスに効果的!

※オゾン機器は病院・学校・保育園・食品関連施設・宿泊施設・娯楽施設などでご利用されています。

◆藤田医科大学は新型コロナウイルスオゾンガスによって無害化することを世界で初めて確認しました。

施術の流れ/治療の流れ

問診票の記入&カウンセリングなど

はじめに患者さまのお体の状態を正しく把握・確認するために、用紙(問診表)に記入していただきます。その後、お悩みの不調箇所・症状について「どこが、どのように、何故に、そしていつくらいから辛く痛むのか」という感じで詳しくとお話をお聞きしてまいります。

分からない疑問点や気になることなどがございましたら、お気軽にご質問くださいね。

なるべくお話しやすい環境を整えております。

次に

お体の状態について精査・検査・実施

用紙(問診表)とカウンセリングにてお聞きした情報を中心に精査結果などもとに、あなた様の真の不調の原因をみつけだしていきます。いつからどのような動作や位置で痛み、不調が出るのか、どのような角度、ポイントがつらいのか、おからだのバランス・均衡状態はどうなっているのかなども調べていきます。

ここではあなた様の不調や辛い痛みが何故どうして何によって引き起こされていて、何が本当の原因で現在の不調の状態になっているのかを調べていきます。

ここまで触手を感知して検査等を行いあなたの不調やしびれ、痛みが何故現れてきたのか、解消しないのか、本当の原因はどこなのか、どうすればその不調やしびれ、痛みを取り除く事ができて快適な日常を送れるようになるのか、といった点でお伝えさせていただきます。この過程においてあなた様の「不調」や「痛み」「しびれ」の真の原因を突き止めて施術をスタート致します。

大いに期待してください。

次に

施術方針のご説明など

あなた様の現在のおからだの具合・状態についてご説明していきます。

お身体がどのくらい疲れているのか、どのような状態になっているのか、それがどうして不調やしびれ、痛みを引き起こしてどのような悪作用を及ぼしているのか、などをお伝えします。きちんとあなたさまのお身体の状態を理解していただいた上で、施術を開始していきたいと思います。

 

次に

施術スタート

無理に骨、関節の可動域をつけるような矯正(バキバキなど)は行いません。体が癖になり関節、骨がハイパー緩みすぎる危険性があるからです。比較的若いうちは矯正は問題ないにしろそれが年齢を重ねた時にからだの不調として蓄積する事があるので注意が必要かと思います。基本的にバキバキ・ボキボキと音が鳴るような整体ではなく、骨、関節や筋肉の捻じれと歪み、強度、筋質を改善する施術です。

ほとんどの方がリラックスし寝てしまうほど、気持ちのよい感じの施術ですので、安心してリラックスして受けていただけると思います。

但し、具合、症状によっては多少なりに痛みを伴うことがあります。

予めご了承くださいね。

次に

施術後の確認・日常生活等の注意点です

最初に行った検査などをもう一回実施して、施術前と施術後の変化等を確認していきます。場合によりあまり動かさないこともございます。これから先どのような施術を行っていくのか、どの程度のぺースで通院することが重要なのかをお伝えさせていただきます。

また日常生活習慣での注意点や動作点、ご自身でも不調や痛みを改善できるようにセルフストレッチ・軽い運動などのセルフケア法の運動をお伝えします。

*院長はプロアスリートや六大学等でアスレティックトレーナーとして活躍。

不調やしびれ、痛みが快適に楽になったら終わりではなく、不調のない、痛みの出ない、痛みの戻らないからだを作っていきたいと思います。また、この時点でまだあなた様が抱えている疑問などございましたら遠慮なさらずにお話してくださいね。言いたいことは我慢しないでなんでもお話ください。

施術の終了

施術費のお支払いをしていただき終了となります。もし、何か施術などについて気になることや、疑問点、自分の不調やしびれ、痛みについて気になることなどがありましたら遠慮なくお気軽にご質問ください。

当院は患者さんがお話しやすい環境を作れるように努力をしております。

あなた様の笑顔を取り戻せるように精一杯にさせて頂きます。

 

なぜ?多くの院の中から当院が選ばれるのか?5つの理由

アスリートからも支持される経験と技術

当院には、アスリートやスポーツ愛好家が多くご来院いただいております。
お名前等はお控えさせていただきますが、プロ野球選手・Jリーガー・大相撲(関取)・オリンピックメダリスト・ボクシング世界王者・プロ格闘家・空手世界王者・プロレスラー・バレリーナ・バスケットボール選手・プロゴルファー・実業団ランナー・ダンサーの方などの辛い症状を改善へと導いてきました。

カラダを資本とするアスリートのみなさんが当院を頼りにしてくれる施術院であることを嬉しく思っております。

小さなお子さんからご高齢の方まで、年齢制限なく全年齢を診療いたします。

その方に合わせた「優しい鍼」で施術するから安心!

あなたには、こんな気持ちはありませんか?

鍼って痛そうだな…苦手だな…怖いな…と思っている方も多いかもしれません。当院の鍼(針)は中国の鍼(はり)とは違い、細さや長さなどのさまざまな種類を取り揃えています。患者さまの骨格、筋肉の量、筋肉の質、症状、コンディション(体調等)などに合うよう、見比べてから使いわけを行い施術を行いますので痛くありません。また施術の効果を最大限に高めるために、トルマリン、温熱機器、冷罨法、ホットパックなどで温めながら施術を行ったり、お灸や微弱電流、低周波電気等による低周波の刺激を与えることもあります。「痛いのが苦手…」「ちょっと怖いな…」などと少しでも不安な事は何でも遠慮なさらずにお気軽にお伝えくださいね。

安心して施術を受けていただけるように努めています。

全国で技術を磨いてきたから結果が出せる

多くの鍼灸院・整骨院・整体院では1つの技術を学び、その技術で施術を行います。

言うなれば、1つの技術しかもたないために対応できない症状も存在するのです。

しかし、当院は違います!

院長自らが全国へ赴き、良いと言われる技術は習得してきました。

そのため、その方の症状・体質・骨格に合った最速で最善の施術をご提供することができます。

 

 

 

 

スポーツのパフォーマンスまでアップ!スポーツ障害の改善も得意!

プロのアスリートや有名人御用達の先生から、超一流の指圧やスポーツマッサージ・スポーツ障害の鍼(針)を学んできた経験をいかして、関節調整、オリジナルの運動鍼とスポーツマッサージなどを行っています。さまざまな運動器系の疾患にも効果が高く、腰痛、膝痛、首、肩こり、頭痛などの慢性的な症状はもちろんのこと、むち打ち、ぎっくり腰、ぎっくり背中、肉離れ、捻挫、腱鞘炎や様々なスポーツ障害(テニス肘、野球肩・野球肘、ゴルフ肘、オスグッド病、靭帯損傷、腸脛靭帯炎、足底腱膜炎、アキレス腱炎)などの急性の症状にも対応できます。最高のコンディションでスポーツ(大会)に挑めるため、プロからアマチュア、スポーツ愛好家までのアスリートが多く来院しています!

関節や筋肉だけではなく、内臓の症状も改善していきます

当院の施術は運動器系の痛みや不調、損傷や筋肉、関節の症状だけではなく、内臓の疾患《胃腸、肝機能、膵臓機能、脾臓機能、胆のう機能、心臓機能、肺機能、腎機能など》、過活動膀胱、前立腺肥大症、膀胱炎、頻尿症、婦人科疾患《更年期障害、生理痛、生理不順、不妊症》、小児《夜泣き、チック症など》、自律神経失調症、起立性調節障害、うつ病なども改善できます。特にホルモンのバランスを崩す思春期の方、また更年期症状が起きている方、仕事等でストレスが溜まった方は自律神経が乱れさまざまな症状を訴え、近年当院に訪れることが多くなっています。「予防も兼ねて施術をしてもらいた」「私の症状も改善するのかな?」と思った方は、一度お気軽にご相談ください

推薦!全国のトップアスリートや医師からも推薦をいただいています

原 辰徳 さま

  • 鹿児島に髙田先生有り!

『鹿児島に高田先生有り!』

追手風 直樹さま

『くうてい鍼灸・整骨院の髙田先生はたくさんのご来院者様を笑顔に導いた実績が豊富です。』

整形外科医 今給黎 尚典 医師

髙田先生は地域医療の発展に貢献し施術業界をリードしてくれると期待しています。』

スポーツドクター 萩原 浩 医師

『髙田先生はジュニア世代からアスリートまで身体の不調を整えてくれる治療院、そして治療家であると思っています。』

メディア掲載されました!多くの空手道雑誌でも取り上げられています

有名雑誌、月刊空手道、フルコンタクトKARATEマガジンなど武道雑誌(全国紙)などで、治療家としてコラムを連載しています。

院長髙田は、国際大会や全日本大会で優勝した実績があり、(財)日本体育協会から優秀スポーツ選手賞を受賞されています。

からだの事を熟知したプロフェッショナルから細かく診て頂けます。

  • 月刊空手道
  • フルコンタクト KARATEマガジン
  • 月刊空手道
  • フルコンタクトKARATEマガジン
  • フルコンタクトKARATEマガジン
  • フルコンタクトKARATEマガジン

これまで国体日本一になったチーム、プロ野球選手をはじめ、ラ・サール学園・慶応義塾大学にて講師・アスレティックトレーナーとして、常に結果が求められるアスリートをサポートしてきた経験から、怪我の予防、フィジカル強化、ケアとトレーニングを融合させた施術を確立する。重力や加齢による関節の変形や運動の不足による筋力の低下など、施術(ケア)だけでは改善しないさまざまな症状に対して、セルフエクササイズ、姿勢矯正やトレーニング指導なども同時に行っています。高校・大学・社会人スポーツチームサポートなどに携わり、定期的に試合や練習に帯同して怪我の評価や予防、強化、初期の対応、復帰までのトレーニング、リハビリの指導、鍼・整体マッサージ施術やストレッチ動作によるコンディショニングにて選手のサポートを行っています

*個人向けのパーソナルトレーニング、メンタル強化訓練、パフォーマンス向上・怪我の予防・帯同・治療等も行っていますので、お気軽にご相談ください。

◆院長高田は空手の国際大会で金メダルを獲得しています。空手の個人・団体指導も行っていますので希望者はお問い合わせください。

 

【活動内容】
• 各種競技大会において、プレー中などの怪我の処置・予防・コンディショニング調整・パフォーマンス向上・フィジカル強化

• 専属帯同チームのプレー中の怪我の処置・コンディショニング・栄養管理
• 高校・大学・社会人活動に参加し、メンタル強化、スポーツの心理学、ストレッチやトレーニングの重要性の講習会
• 幼稚園・保育園での子供の怪我・予防、走り方、歩き方についての講演会
• 小学校の体操教室での講演会など

メールでのご予約はコチラ

LINEで予約する

ただし、以下のような方は当院には向いておりません。

  • 他の来院者様やスタッフの個性を尊重できない方
  • 1回で、今すぐ、どうにかしてほしいという方
  • 先生の言ったことを守れない方、守ろうと努力出来ない方
  • ご自身の痛み不調を取り除くため健康のために投資できない方
  • 頻繁にキャンセルや時間変更をされる方
  • 予約時間を守れない方
  • 根本治療ではないリラクゼーションマッサージをご希望の方

しかし!以下のような方には必ずお役に立つことができます

  • 先生の言ったことを素直に聞ける人・自分の身体としっかり向き合いたい
  • 根本から症状を改善したいと思っている方
  • やりたいことを諦めたくない方・本気で治したい
  • 先生の施術計画にご納得していただける方
  • 自分のカラダにお金と時間を投資できる方
  • 機械に頼らず人の手で治してほしい
  • 産前産後・妊娠に対して知識があるところを探している
  • このエントリーをはてなブックマークに追加