正直こんなに効くとは思わずびっくりでした。

鹿児島市在住/A,Kさま/40代女性  

アンケート用紙

◆どんな病状に悩んでおられましたか?

左股関節の痛み、胡坐を(あぐら)をかいた時が特に痛みが強い。左股関節が右の股関節に比べて外に開きが悪い。歩行時は痛みは強くない。

◆治療を、施術を受ける前と今でどのようにかわりましたか?

1回目で開きやすさが変わるのが分かり、今では胡坐(あぐら)をかく時につっぱっていた腿(もも)の痛みはなくなりました。

◆同じ病状に悩んでいる方へアドバイスなどメッセージをお願い致します。

整形外科でも治らず、整体でも良くならず悩んでいて、最後の手段として未体験の鍼(はり)をしてみましたが、正直こんなに効くとは思わずびっくりでした。友達にもすすめています。

※お客様の感想であり、効果効能を保障するものではありません。

■先生からのメッセージ

来院当初は特に胡坐(あぐら)あしを開く動作ができず、痛みもでて困っていた。検査の結果、異常なほどに固まっていて可動域がない状態であった。鍼(はり)を行いその結果、可動域もつき当初の悩みも軽減していく。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

シミも回数を重ねるごとに薄くなり気にならなくなりました。
長い期間しゃっくりが続いていた
一回目の治療で首の痛みは取れ、長年上がりずらくなっていた右足も上がりやすくなり、久しぶりに真直ぐ歩ける様になりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加